>コラム>賃貸保証会社を活用しよう【賢く賃貸運営!】

賃貸保証会社を活用しよう【賢く賃貸運営!】

ミニチュアとお金

賃貸保証会社とは?

賃貸保証会社とは、入居者が賃貸契約時に用意する連帯保証人と同じ役割を肩代わりしてくれるサービスを提供している会社のことです。なので、家賃の滞納が発生した場合は連帯保証人と同じように、入居者に代わって家賃を支払ってもらうことが出来ます。そのため連帯保証人が用意出来ない入居者にとっても便利なのですが、家主にとっても、家賃を確実に回収出来るというメリットがあると言えるでしょう。そしてこのサービスを利用するためには、家賃1ヵ月分の30~100%という料金を保証会社に支払う必要があります。しかし、その料金は入居者が契約時などに支払うことになっているため、家主が費用負担する必要がないというメリットもあると言えるでしょう。

説明

賃貸保証会社の補償内容

賃貸保証会社の保障内容は、第一に入居者が滞納した家賃を支払ってくれるということであり、滞納が発生した際はすみやかに支払いが行われます。最近ではその便利さから、連帯保証人が用意出来る場合でも、賃貸保証会社の利用を義務付けている物件も多くあると言えるでしょう。その他にも、賃貸保証会社の保障内容には、会社によって異なりますが、訴訟費用や原状回復費用の負担が含まれる場合があります。入居者が家賃の支払いを行わない場合は訴訟になることがありますが、サービスを利用するとその費用を負担してもらうことが出来ます。そして入居者に強制退去してもらった場合は大家が原状回復の費用を負担しなければならないケースがありますが、その費用も負担してもらうことが可能です。